都道府県で検索

宮城県 miyagi

宮城の繁華街情報

約100万世帯、人口およそ230万人を誇る宮城県は、国内有数の大都市圏。地場の中小企業支援や暮らしやすいまちづくりなどに注力して着実に成長しつつ、近年は県をあげて健康政策にも積極的に取り組んでいます。県内で有名なスポットとしては、東北有数の大都市である仙台市はもちろん、日本三景の一つである松島や日本三大史跡である多賀城政庁跡、ウインタースポーツ定番の地・蔵王自然の家、さらに仙台藩主・伊達政宗のお膝元だった仙台城跡(青葉城址)など、観光客に人気のエリアもたくさん。最近はプロ野球チームの誕生をはじめ、サッカーやバスケットボールでも地域クラブチームを有するなど、スポーツイベントも盛ん。2018年11月には県がトレッキングコース「宮城オルレ」をオープンするなど、県全体が一丸となって地域を盛り上げています。産業としては特に漁業が有名で、気仙沼市・南三陸町・石巻市・女川町から成る太平洋岸の三陸エリアを中心に、マグロやサンマ、ヒラメやカキ、ホタテ貝などが全国トップクラスの生産量を誇ります。そのため同エリアでは新鮮な海の幸をふんだんに使った寿司や丼物などがグルメとして有名。ほかにも仙台牛や漢方飼料で育てた赤身主体の健康ブランド和牛・漢方和牛などの和牛肉、ずんだ餅や白石の温麺(うーめん)、仙台土産の定番としても知られる長なす漬け、三陸名物のどんこ汁、はらこ飯など、ならではの特産品・郷土料理が数多くあります。また、オリジナルブランドのいちご「もういっこ」や「にこにこベリー」など、農産物の独自開発にも力を入れています。相席屋は全国各所に出店中。女性は無料、男性もお手頃価格で楽しくお酒やおいしい料理が楽しめ、相席を通して新しい出会いを見つけられます。お仕事帰りに、旅行プランの一つにご利用ください。